個人輸入サイト徹底比較

個人輸入サイトの徹底比較。個人輸入代行、個人輸入支援情報、関税、サービス価格についての情報など、ご提供

個人輸入

個人で海外から直接商品を購入する「個人輸入」が、インターネットの普及によって、 簡単にできるようになりました。 これは、一昔前のことを考えると、想像も出来なかった(喜ばしい)事態です。 しかしながら、まだまだ海外のサイトでの買物には、たくさんの「壁」もたくさんありますよね。

言葉の問題、支払いの問題、配送の問題、 等々
こんな時に「輸入支援サイト」が役に立つのです。

輸入支援サイトを使うメリットはそのほかにもたくさんあります。 メリットを最大限に活用し、リスクを最小にして、個人輸入を楽しみましょう!

このサイトでは、自分を含めた多くの個人輸入経験者の経験をもとに、 どんな輸入支援サイトが「いいサイト」なのか、「安心できるサイト」なのか、 等々、輸入支援サイトを選ぶ時のポイントとともに、徹底的に比較を行います。

あなたの個人輸入を安全に、楽しく行うために、お役立てください。 注意すべき点を、きちんと認識すれば、安全で、簡単に個人輸入を楽しむことができるのです。

個人輸入とは

個人で利用することを目的に、海外から商品を輸入することを言います。 個人で輸入する場合、様々なメリットがありますが、同時に制限事項もありますので、注意が必要です。

個人輸入のメリット

日本では高いものを、現地価格で入手できることが最大のメリットです。 なんといっても、驚くくらい「安い!」です。

商品や商品のカテゴリーにもよりますが、日本の価格の半額は当たり前。 中には1/4以下の価格で売っているものもたくさんあります。

子供服、洋服、ブランド品、化粧品、バッグ、おもちゃ、自動車用品、 自転車、電気製品、靴、等々・・・・ 全て、驚きの価格です。 一度経験してしまうと、はっきり言って「やみつき」になります。

その他にも、日本未発売のものや、入手が難しいもの等も手に入れることができます。
趣味、娯楽といったものから、自分の物だけではなく、 クリスマス、誕生日、記念日、入学、卒業といった「プレゼント」にも活用できますよね。

海外旅行に行ったときはあきらめていた、ちょっと「大きめ」なものや、「重い」ものも、 日本にいながらにして入手できるなんて、利用しない手はないですよね。

個人輸入のデメリット(リスク)

多少の時間と手間がかかります。 また、語学力に自信が無い場合などは、商品を間違えたりすることが考えられます。

商品を間違えた場合や不良品などは、返品や交換をすることになりますが、 返品の手続きも現地の言葉で交渉したり、返品のための送料の負担や、返品期限など、様々なリスクがあることを承知の上で個人輸入を行う必要があります。 その点、輸入支援サイトを使うと、保険や検品などでリスクを回避することができます。

こんな個人輸入、海外通販サポートサイトは要注意!

個人輸入や海外通販のサポートをかかげるサイトはたくさんありますが、多くは個人レベルのアルバイトみたいなところや副業のサイト。
やっぱり、間違いなく専業が安心です!

そんな専業業者の中から、より安全なサイトを選ぶ際のポイントをあげてみました。

題して「こんなサイトは使ってはいけない!」

@手数料無料、初回無料などと書いてるサイト
サービスで食ってるはずなのに、「無料」なんてありえません。「ただほど高いものはない!」っとはよく言ったものだと思います。どこで儲けてるのかは、ちょっと考えればすぐにわかりますよ!
そう、「送料」で儲けてるんです。
ということは自分で「送料が高いですよ」って言ってるようなものですね。

A国際送料表がどこにあるかわからない
わかりにくいだけならまだしも、聞かない限りわからないなんていうのは怪しすぎ。
っていうか、隠す理由がわかりません。国際送料がわからないと、お願いのしようがありません。
これまた、自分で「送料が高いですよ」って言ってるようなものです。

B燃料費加算が小さく、わかりにくく書いてある
国際的な原油高騰。なので値上げはしょうがないですが、
こんな重要なことは、ちゃんと書けって感じですよね。気がつけば20%とか加算されてますよ。
サービス業、いや、企業としての姿勢を疑います。

C手数料表がどこにあるかわからない
トップページに手数料を書いてないサイトって意外と多いです。
これまた怪しすぎ。隠しているのは価格に自信が無いから?
それがメインのサービスなら、トップページに書いて当たり前!!!

D会費を取るサイト
今どき、会費を取るサイトがあるなんて信じられません。
会費の定義が明確でない限り払う意味を感じませんね。会費っていったい何なんでしょう?
単に料金を安く見せるための見え透いた手口です。
こういうサイトは、あれやこれやとお金が取られる仕組みになっているので、要注意!

Eクレジットカード決済手数料を取るサイト
まだ、こんな手口を使ってるサイトがあるんですね。
しかも、わかりにくいところにこっそり書いてあったりします。笑っちゃいます。
クレジットカード決済手数料は、利用金額全部に対してかかりますから、こんなサイトも避けるのが懸命です。

Fサービス料金に消費税を加算するサイト
アメリカでサービスが行われている場合、日本の消費税はかかるはずがありません
これってどういうことでしょう?

消費税って、輸入の際、関税がかからない場合のみ、買った値段の60%に対してかかるだけです。
アメリカからのサービス会社の場合は、必ずチェックしてくださいね。

逆に考えると、日本でやっているサービス会社を使えば、消費税が取られるってことなので、これまた要チェック!

G$1は、100円だと思ってませんか?
これは、利用者側が気をつけること!

$1は、100円じゃありません。
$50は、5,000円じゃありません。→$1が120円なら、6000円ですからね!!!
$100は、10,000円じゃありません。→$1が120円なら、12,000円ですからね!!!
送料や手数料がドル表示の場合、勘違いしないように注意してくださいね。

最安サイトは、
グッピングさん
パーソナルインポート.infoとは | ご利用にあたって Copyright personal import.info