個人輸入・海外通販にかかる費用

自身で海外店舗にオーダー・発送の場合は送料が高くなるだけで、日本でオンラインショッピングをするのとあまり変わりないので、ここでは個人輸入代行サービス・企業を利用した時にかかる大まかな流れと費用についてご紹介します。ただし、利用するサービス・企業さんによって変わってくるので、詳しくは利用するサービス・企業さんに確認をしてください。

POINT

基本料以外でかかる費用

海外通販では国内の通販と違い、送料以外にサービス利用料金(基本料)、国際送料が最低限かかります。 それに加え届いた商品・利用するサービスに対して追加料金がかかります。 以下は全ての企業での共通なものではなく、それぞれ違ったサービス体系があるので、詳しくは利用する企業さんに確認が必要です。

  1. 国際送料

    その名の通り海外から日本までの送料

  2. 検品

    企業に届いた商品と購入商品の一致を確認する費用

  3. まとめ梱包・同梱・混載

    言い方はいろいろですが、企業に複数に別れて届いた荷物を1箱に詰めなおし、まとめる費用

  4. 商品追加

    企業に届いた商品数によって手間が変わるので、そのための費用

  1. 会費

    企業・サービス利用のためのアカウントの維持費

  2. 関税・輸入税

    海外製品から国内製品を守るために輸入製品に課せられる税金 商品の種類や素材によって税率が異なる

  3. カード手数料

    カード利用の際にかかる手数料 クレジットカード決算手数料は国際送料を含めた利用金額すべてにかかることが多い

  4. その他サービス費用

    その他企業で用意されているサービスにかかる費用 返品や特殊梱包などが多い

輸入代行サービス・企業のサービス利用にかかる費用

転送サービスの流れ

転送サービス利用で発生する費用

購入代行サービスの流れ

購入代行サービス利用で発生する費用

輸入代行サービス・企業を選ぶポイント

流れと発生する費用はいいから結局どこの企業がいいのか?ってところがみなさんの1番気になるところですよね。 値段以外で重要な比較ポイントとその理由について見てみましょう。

アメリカの配達事情。。。

アメリカから海外通販でよくあること。。 商品の箱が傷ついて届く。これは文化の違いが原因ですね。 前に到着した商品の写真を送ってもらったことがありますが、その時は商品箱は愚か外箱(発送用のダンボール)が潰れて、穴があいていました。 もちろん返品手配に移りましたが、お店側から商品が壊れていないかどうかの確認がありました。商品の箱(化粧箱)は傷ついていたものの、商品自体には損傷がなく使える状態であったので、お店は返品に対応をしてくれませんでした。日本では買った商品の商品箱が凹んでたり、穴が空いてたりはしないと思います。それは商品箱までも商品だという認識があるからですね。アメリカでは商品箱は商品の一部と考える人が少ないので、配送の際に荷物が投げられることもよくあると聞きます(旅行など行って荷物を預けるとスーツケースがバンバン投げ入れられるのと同じ感覚かな?)。でなければ箱が潰れることなんてないですよね?もちろん全部潰れて届くってことはないですが、知っておかないといざという時にびっくりしますよ。