個人輸入・海外通販サービス・企業を選ぶポイント

個人輸入・海外通販サービスを提供している企業はたくさんあります。そのたくさんある企業の中で、どの企業を利用するのがいいのが比較検討する際に私なりに重要なポイントをいくつか理由とともにまとめてみました。それぞれ自身の能力やニーズに合わせて検討してみてください。

POINT

普通値段だけで比較をしがちですが、それは最低限のクオリティーが高い日本のサービスでの話。
相手が外国さんで日本のサービスよりクオリティーが低いことが当たり前であれば、安い=良いではないことがわかると思います。価格とサービスのバランスをよく考えて、その上で、一番良いバランスを見つけて欲しいと思います。

運営者

今は誰でもウェブサイトを気軽に、簡単に作成、運営できる時代です。これを利用している人は多くいると思いますが、つまり使う輸入代行サービスがもしかしたら個人運営レベルや副業としてやっているものかもしれない可能性がでてきます。ウェブサイトが綺麗でみやすいに越したことはありませんが、それだけでサービスの質を判断することはできません。

モダンなサイト信頼できる専業サービス

サイトの運営は会社概要や特定商取引の項目を見ればすぐにわかります。これがきっちりしているところを選びましょう。なにかあった時のことを考えると企業が運営しているところがよく、さらに専業であればなお安心です。

余談ですが、個人レベルのところはアメリカに嫁いだ人が小遣い稼ぎの一環として一人でやっている人や、日本人学生が留学中に空いた時間を利用して切り盛りしている人などが多いです。企業としてでも副業レベルであれば、少数でやっているため対応が遅かったりして、なにかあった時の対処には不安が残ります。

日本の企業 V.S. アメリカ(海外)の企業

企業として運営している海外通販サービスには大きく分けて日本の企業が運営しているサイトと現地の企業が運営しているものがあります。

  • 現地の文化にあった対応
  • 言語の理解の限界
  • 日本の文化にあった対応
  • 日本に事務所
  • 日本の文化にあった対応
  • 日本に事務所
  • 現地で現地にあった対応

理想としては日本が本社で、現地に支店という構造がもっとも安心できます。ただし、日本に本社や支店があっても、実際には形だけの場合もあるので注意が必要です。都心の住所であれば安心度も高いと考えられます。これも会社概要や特定商取引の項目を見ればすぐにわかります。

料金設定

料金設定を考える上で、まずわかりやすいかどうかが最初のポイントです。輸入代行サービスはいろんな面でわからないことが多い方が多いですが、そこをどうわかりやすく説明しているかで企業の良さがでます。

避けた方がいい料金体系

サービスでやってるはずなのに無料って何で儲けるんでしょう?考えればわかりますね。「送料」で儲けがでてるのではないでしょうか。ということは後で送料が高くなるってこと。

基本料が安くても、細かい作業に追加料金が加算されたら結局は総額が高くなります。

転送サービスの中で荷物の重さで基本料が決まるところがあります。重さが1ポンド(0.5キロ)違うだけで手間が変わるのか疑問です。

輸入代行する商品の合計金額で基本料が変わるところがあります。でも、転送サービスは、代わりに受け取り、それを転送するだけなので、金額によって手間は変わらないはずです。

トップページにある基本料が安くても変動するなら結局は高くなることがあるってことです。特に重さや金額に比例する時は要注意です。輸入するときに安い軽いものだけを買うことはほぼないですよね。どうせだからまとめてって思う人が多いはず!まとめて頼んだら結局総額は高くなり、荷物は重くなるんです。

結局は定額が安心

セキュリティー

当たり前ですが、重要な部分です。実際にサービスを利用する場合には、名前はもちろんのこと、住所や電話番号など、個人情報を入力しないといけません。そこで気になるのが 「セキュリティー」 です。
利用するサービスが注文フォームや買い物かごにSSL等のセキュリティー機能を導入しているかどうかが重要です。もちろんこのセキュリティー機能を採用するには企業側も「コスト」がかかります。個人情報保護の為ですからもちろんですよね。

※SSLとはインターネットを使って行う全ての通信が暗号化されていることを保証するものです。
※ユーザー登録や注文時に「https://」のようになっているならセキュリティー機能を導入しているサイトです。

手数料定額の専業企業はここ

転送会社で大手と呼ばれるところであれば正直、運営やセキュリティーに関して心配はしなくてもいいかもしれません。
特に重要なポイントは「料金体制」と「何かあった時の対処」がしっかりしているかどうかです。
グッピングやJISAは手数料定額で企業としても専業でやっているのでオススメです。

続いて転送会社が使う「料金を増すトリック」とトラブルで「泣き寝入りしない」ためにチェックする必須ポイントをお教えします!